成長への布石:日本における事業ポートフォリオ管理

2017年9月26日 | ザ・ペニンシュラ東京

成長への布石:日本における事業ポートフォリオ管理

昨今の厳しい経済環境において、日本の先進企業は、海外市場での買収やノンコア資産の売却を通じて、事業成長を目指し様々な手段を講じている。この目標を達成するために、事業ポートフォリオ管理は、企業が成長する可能性を最大限に高める手段である。しかしながら、自社のポートフォリオ管理プログラムを効果的だと認識している企業は、わずか55%にすぎないことが調査結果で明らかとなっている。本イベントでは、効果的なポートフォリオ管理を実施するための最適な手段を探るべく、入念なポートフォリオ・レビューを実施することにより企業が自社のビジネスにおける強みと弱みを探り出し、持続的な事業価値を生み出す買収や売却・分割の採用に焦点を当てる。

  • ポートフォリオ管理の概念には何が含まれ、日本企業とどのように関連付けられるのか。業界トップの企業が実践している成功事例は何か。
  • 企業・事業買収は、事業ポートフォリオの拡充・拡大にどのように寄与するか。付加価値を生み出し、既存の事業ポートフォリオにフィットする買収案件を成立させるために企業トップが採用すべき戦略とは何か。
  • ノンコア事業・資産や不採算事業はいかにして探し出すことができるか。ノンコア資産・不採算事業切り出しの最適なタイミングを企業トップはいかに計るべきか。
  • 国が複数に跨るような買収・売却案件を実施する際に起こり得る法規制上の課題・問題点は何か。案件成立のプロセスを遅らせるような、あるいは、案件成立自体の障壁となるようなリスクを軽減させ、事前に回避するために、企業経営陣が採る選択肢には何があるか。

スケジュール

受付

開会のご挨拶

基調講演

パネルディスカッション

澤 由紀子 澤 由紀子 コーポレート戦略部長 味の素株式会社
赤池 敦史 赤池 敦史 代表取締役社長 パートナー CVCキャピタル・パートナーズ ジャパン
梅津 英明 梅津 英明 パートナー弁護士 森・濱田松本法律事務所
渡辺 和成 渡辺 和成 マネージングディレクター デロイト トーマツ アンカーマネジメント株式会社
松本 一則 松本 一則 M&A事業部 統括パートナー デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 (モデレーター)

質疑応答

閉会のご挨拶

昼食・懇親会


*Agenda and speakers are subject to change

Venue details

ザ・ペニンシュラ東京
100-0006 Tokyo, 千代田区Yurakucho, 1 Chome−8−1

Contact US

Joyce Wong Joyce Wong Senior Events & Production Manager Acuris Studios Bio