Japan M&A Forum 2019

Japan M&A Forum 2019

10 April 2019


CONRAD TOKYO
Japan
#JapanMnAForum
Register Now

  • 08:30

    Registration
    受付

  • 09:00

    Opening remarks
    開会のご挨拶

  • 09:05

    Keynote address: The roles of reviews on M&As and business combination
    基調講演: M&A と企業結合審査の役割

    Reiko Aoki
    Reiko Aoki
    Commissioner, Japan Fair Trade Commission
  • 09:35

    Panel discussion - Bigger and better? Japanese cross-border M&A in 2019 and beyond
    パネルディスカッション-大型化が進むか? 2019年以降の日本企業によるクロスボーダーM&Aの見通し

    A healthy pipeline of cross-border transactions continues to grow as international M&A remains planted atop corporate Japan’s growth agenda. This session will look at the key factors driving Japan’s foreign acquisitions and the markets and industries where the best opportunities can be found, in addition to discussions on recent high-profile deals.
    日本企業の成長にとって国際的なM&Aが依然として最重要課題であるなか、クロスボーダー・ディールの魅力的な候補案件の数は増え続けている。本セッションでは、日本企業による海外市場での買収を後押しする主要因と、絶好の投資機会が見出される市場および産業について考察するとともに、注目を集めた最近の案件についても議論する。

    • What can we expect from Japanese cross-border M&A in 2019: Bigger and bolder or smaller and conservative transactions?
    2019年の日本企業によるクロスボーダーM&Aをどう予測するか? より大型化した攻めの案件となるか、それとも小粒な守りの案件か?
    • Are Japanese companies taking too many risks when venturing abroad?
    海外市場に打って出る際、日本企業はリスクを負い過ぎていないか?
    • What unique operational challenges do Japanese buyers face when acquiring and managing a foreign business?
    外国企業の買収・管理において、日本企業側が直面する運営上の課題は何か?
    • Are Japanese companies overpaying for overseas assets and how can they bridge the valuation gap?
    日本企業は海外資産の対価に多くを払い過ぎではないか? また、バリュエーション・ギャップはどうすれば埋められるか?

    Yoshinobu Agu
    Yoshinobu Agu
    Managing Director, Head of M&A Division, Citigroup Global Markets
    Yuji Kato
    Yuji Kato
    Chief Operating Officer and Chief Investment Officer, Cool Japan Fund
    Shuhei Uchida
    Shuhei Uchida
    Partner, Mori Hamada & Matsumoto
    Takayuki Morita
    Takayuki Morita
    Chief Financial Officer, NEC Corporation
    Yoshinobu Yarita
    Yoshinobu Yarita
    Managing Director, PAG Asia Capital, Tokyo
    Karl Pires
    Karl Pires
    Partner – M&A, Shearman & Sterling
  • 10:35

    Presentation by Shearman & Sterling: Practical Considerations Regarding the CFIUS Process
    シャーマンアンドスターリングによるプレゼンテーション: CFIUS審査における実務的留意点

    The Committee on Foreign Investment in the United States (CFIUS) can require changes to or even effectively terminate an investment into the United States – even after it has closed.  Due to changes in law last year, its power to do so has expanded to include certain types of investments that do not even provide control over a U.S. business.  Drawing on guidance from CFIUS as well as experience working under the new requirements, this presentation will provide practical insights into how parties should address the CFIUS process when proceeding with a transaction involving the United State.
    対米外国投資委員会(CFIUS)は米国向け投資の条件変更を要請し、または案件を実質的に禁止する権限を有します。この権限は既に完了した案件にも適用され、また、昨年の法改正により米国の事業に関する支配権の譲渡を伴わない一部の案件にも適用されるようになりました。本プレゼンテーションでは、米国に関する案件を進めるに当たりCFIUS審査についてどのようにアプローチすべきかという視点から、CFIUSのガイダンスおよび法改正後の経験に基づき、実務上の留意点について解説します。

    Toshiro Mochizuki
    Toshiro Mochizuki
    Partner, Shearman & Sterling
  • 10:55

    Coffee break sponsored by S&P Global
    S&Pグローバル主催のコーヒーブレイク

  • 11:15

    Presentation by Intralinks - Why M&A Deals Get Leaked?
    イントラリンクスによるプレゼンテーション - M&A情報のリークはなぜ起こるのか?

    Deal leaking is increasing in Asia for 3 years in a row, in contrary to global trends.  Based on a joint research with the M&A Research Centre at Cass Business School, London, this presentation will discuss why M&A deals get leaked, and how deals are more likely to be leaked in some countries/regions and industries than others.
    M&Aディール情報のリークは、グローバルなトレンドに反し、アジアで3年連続で増加している。本プレゼンテーションでは、ロンドンのカスビジネススクールM&Aリサーチセンターとの共同研究に基づき、M&A交渉に関する情報が漏えいする理由や、国・地域別および業種別の漏えい率などについて議論する。

    • Why deals get leaked – and why leaks are declining overall, globally
    ディール情報のリークが行われる理由と世界全体でリークが減少している理由
    • Which countries and sectors have had deal leaks increase and decrease
    国・地域別および業種別ディール情報のリークの増加と減少について
    • Trends in regulatory impacts on deal leaks
    規制がディール情報のリークにもたらす影響のトレンド

    Yusuke Kurihara
    Yusuke Kurihara
    Japan Sales Team Lead, Intralinks
  • 11:35

    Panel discussion - Buying American: Japanese investment into the US
    パネルディスカッション-米国企業買収:日本企業による対米投資

    The US-China trade war and national security concerns have created a barrier for Chinese investment into the US, leaving the way open for Japanese buyers to pounce. Inbound Japanese dealmaking has so far enjoyed this window of opportunity – the question is: How long will it last? This discussion will cover the M&A trends, challenges and opportunities Japanese investors will face when entering the US market in 2019 and beyond.
    米中貿易摩擦と2国間の安全保障上の懸念により、中国企業による対米投資は現在、高い壁に阻まれているが、逆に日本企業にとっては絶好の機会をもたらす結果となっている。ここまで、日本企業による米国での案件はこの好機に恵まれてきたが、問題はそれがいつまで続くかである。本パネルディスカッションでは、2019年以降、日本人投資家が米国市場に進出する際に予想されるM&Aのトレンド、課題、そして投資機会について議論する。

    • What makes the US an ideal market for Japanese corporations compared to other advanced markets?
    他の先進国市場と比較した場合、米国が日本企業にとって理想的なマーケットとなっている理由は何か?
    • How much longer will Japanese investors be able to make acquisitions without facing similarly strict regulatory scrutiny from CFIUS?
    日本企業による米国市場での買収案件において、対米外国投資委員会(CFIUS)が現在、中国からの投資に対して実施しているような厳しい審査を受けずにすんでいる状態は、今後いつまで続くと思われるか?
    • Which sectors are likely to be off limits to Japanese buyers on the grounds of national security?
    安全保障の観点から見て、日本人投資家をシャットアウトし得るセクターはどの分野か?
    • How has GAFA (Google, Apple, Facebook and Amazon) dealmaking activity in Japan impacted the tech space?
    GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)による日本でのM&Aがテクノロジー業界に与えた影響は何か?

    Akira Fukuda
    Akira Fukuda
    Senior Managing Executive, Asahi Kasei Corporation
    Hiroaki Ishigaki
    Hiroaki Ishigaki
    Managing Director, NERA Economics Consulting
    Nicholas Fawcett
    Nicholas Fawcett
    Senior Vice President & Assistant General Counsel, Global Legal Department, ORIX Corporation
    Steven Hill
    Steven Hill
    Partner, K&L Gates
    Freny Patel
    Freny Patel
    Asia Editor, PaRR
  • 12:35

    Networking lunch
    ネットワーキングランチ

  • 13:30

    Panel discussion - Room for improvement: Corporate governance and rising shareholder activism
    パネルディスカッション- 改善に向けて:コーポレートガバナンスと活発化する株主アクティビズム

    The fall of Carlos Ghosn and other recent Japanese business scandals bring to light the need for further corporate governance reforms as the country tries to improve transparency and reduce bad business behaviour. This panel will explore the changes taking place and the challenges that warrant further improvement to the business environment to restore investor confidence.
    日本企業が透明性を高め、悪しき商習慣の一掃に努める中、カルロス・ゴーンの失墜と、ここ最近の日本企業による不祥事はコーポレート・ガバナンスのさらなる改善の必要性を改めて示した。本パネルディスカッションでは、現在進行中の日本企業内での変革、ならびに、ビジネス環境の改善と投資家の信頼回復への課題について議論する。

    • Generally, are Japan’s corporate governance reforms working? If not, what are the key challenges?
    日本のコーポレート・ガバナンス改革は総じて機能しているか? そうでない場合、何が課題となっているのか?
    • What further changes are warranted – such as boardroom diversity, etc?
    今後のさらなる改革には何が必要か?―取締役会メンバーの多様性など
    • Can improvement in corporate governance boost economic productivity for Japanese businesses?
    コーポレート・ガバナンスの改善は日本企業の経済的生産性向上に寄与し得るか?
    •What are the potential returns from shareholder activism in Japan?
    日本におけるアクティビスト、いわゆる物言う株主がもたらす利点として何があるか?
    • How prepared are Japanese companies dealing with rising shareholder activism?
    日本企業は、活発化する株主アクティビズムに対してどれほど準備ができているか?

    Ken Kiyohara
    Ken Kiyohara
    Founder & Representative, CMA Partners (Kiyohara International Law Office)
    Seth Fischer
    Seth Fischer
    Chief Investment Officer, Oasis Management
    Tsuyoshi Maruki
    Tsuyoshi Maruki
    CEO & Representative Director, Strategic Capital, Inc.
    Hiroyuki Abe
    Hiroyuki Abe
    Head of Investor Relations, Symphony Financial Partners
    Jochen Legewie
    Jochen Legewie
    Managing Director Japan, Chairman Asia, Kekst CNC
  • 14:30

    Panel discussion – Betting big on India: Japanese investment into India
    パネルディスカッション-インド市場への賭け:日本企業によるインド市場への投資

    Cross border activity between Japan and India continues to grow. In the immediate term, national elections pose a bit of pull back on reform agenda, but economy is poised to grow as fundamentals remain intact. The panel will look to cover the following areas:
    日本とインド間の経済活動は活発化してきている。インドでの国政選挙は当面、改革を足踏みさせることになるが、ファンダメンタルズには影響がなく、経済成長は継続すると見込まれる。本パネルデイスカッションでは以下の点を議論する。

    • What can investors expect given the upcoming elections to be held in India?
    今後インドで実施される選挙は、投資活動にどの様な影響を与えるか?
    • Technology has been a common theme across sectors in which Japanese investors have shown interest – Is this trend likely to continue and what other sectors hold most opportunities?
    日本の投資家が関心を寄せる分野ではテクノロジーが共通のテーマとなっているが、この傾向は今後も継続すると予想されるか? これ以外で資機会に恵まれているのはどの分野か?
    • What best practices can other investors borrow from the recent experiences?
    今後、インドへの投資を検討している投資家は、最近の同国内の買収事例から何を学べるか?
    • Investors are finding out that corporate governance issues are plaguing growth of investments – what are the other legal risks that they need to be mindful of?
    コーポレートガバナンスの問題は、投資拡大にとり悩ましい問題となっている点に投資家は気づいている。これ以外に留意しなければならない他の法的リスクは何か?

    Kyohei Hosono
    Kyohei Hosono
    Executive Officer, Dream Incubator Inc.
    Raj Kumar Srivastava
    Raj Kumar Srivastava
    Deputy Chief of Mission, Embassy of India, Tokyo
    Torkel Patterson
    Torkel Patterson
    Vice Chairman, International High Speed Rail Association
    Hiroshi Hirabayashi
    Hiroshi Hirabayashi
    President and Representative Director, Japan-India Association
    Masahiro Sasaki
    Masahiro Sasaki
    Director, UIcommons Inc.
    Sridhar Gorthi
    Sridhar Gorthi
    Partner, Trilegal
    Charandeep Kaur
    Charandeep Kaur
    Partner - Corporate, Trilegal
  • 15:30

    Coffee break sponsored by S&P Global
    S&Pグローバル主催のコーヒーブレイク

  • 15:50

    Panel discussion – New frontier: Private equity investment trends
    パネルディスカッション-新たなフロンティア:プライベート・エクイティ投資の動向

    Foreign private equity groups are making inroads in the Japanese market. Indeed, many agree that a turning point has been reached as PE become more mainstream and a common player in the investment ecosystem. This panel will discuss PE investment trends and other market developments from the past year.
    海外プライベート・エクイティ企業の日本市場参入が相次いでいるが、実際、そうしたプライベート・エクイティ企業が投資の舞台で主役となり普通の存在となっていることで、一つの転換点に到達したと見る向きは多い。本パネルディスカッションでは、過去1年間におけるプライベート・エクイティ企業の投資動向、及び、海外市場での動向について議論する。

    • What have been the biggest deals and investment trends over the past 12 months? Where does PE go from here?
    過去1年間における投資動向と主要な大型案件は何か? プライベート・エクイティ企業の今後をどう予想するか?
    • What challenges still exist for PE investors and how can they bridge the cultural divide to accessing marketing opportunities?
    プライベート・エクイティ投資家にとって何が解決すべき課題として残っているか? また、市場での投資機会を逃さぬために文化的な違いをどう克服すべきか?
    • How significant is the challenge from cash-rich corporates, and how can PE refine its edge to be more competitive?
    キャッシュリッチな企業による競合的な投資についてはどう見ているか? また、プライベート・エクイティ企業が競争力を高めるためには、その強みをどう改良すべきか?

    Ryuto Kobayashi
    Ryuto Kobayashi
    Managing Director, Private Equity, Bain Capital
    Takaomi Tomioka
    Takaomi Tomioka
    Managing Director, Carlyle Group
    Masashi Nakamura
    Masashi Nakamura
    Managing Director, Japan Post Bank Co., Ltd.
    Shinichiro Hori
    Shinichiro Hori
    Partner, YJ Capital
    Yuji Kato
    Yuji Kato
    Chief Operating Officer and Chief Investment Officer, Cool Japan Fund
  • 16:50

    Closing remarks
    閉会のご挨拶

  • 17:00

    Cocktail networking reception sponsored by Acuris
    Acuris主催のカクテルネットワーキングレセプション

  • *Simultaneous interpretation in English and Japanese will be provided 当日の進行は日本語―英語の同時通訳付きで行われます

    *Agenda and speakers are subject to change 当日のスケジュール及びゲストスピーカーは変更される場合があります

    *Mergermarket reserves the right to decide on delegate registration 本フォーラムへの参加登録についてはマージャーマーケット社が決定権を保有します